初めての方

初診の方へ

受付時間

受付時間は、午前8時30分~11時、午後1時~3時45分です。
日祝日を除く、月曜~土曜の上記の時間内におこしください。

ご希望の医師

おかかりになりたい医師が決まっていましたら、外来担当表をご覧になり、該当の時間におこしください。
ただし、休診の場合がありますので、前もってお電話でお確かめになることをおすすめします。(TEL / 075-721-3800)

月曜日の「緑内障」外来につきましては、紹介状が必要です。したがって、緑内障が気になる方で、他院からの紹介でない方は、一般外来を受診してください。

予約診療

事前に予約をおとりいただけます。(TEL / 075-721-3800)

屈折矯正外来を除く外来では、「~時台」という予約とさせていただいております。1時間単位で数名ずつの予約があり、同じ時間帯の予約の方については、受付された順に診察いたします。

予約があってもそれぞれの患者様の診療内容によって時間が長くかかり、予約時間を過ぎてお待たせすることがあります。大変申し訳ありませんが、お呼びするまでお待ちください。

お持ちいただくもの

  • 健康保険証、その他医療証
  • 紹介状(他院にてもらわれた方のみ)
  • メガネ(合っているか確かめたい、など)

受付手順

初めての方(診察券のない方)は、時間内に受付窓口でお声かけください。
「受診申込用紙」をお渡ししますので、ご記入いただきます。
診察券をお持ちの方は、「自動再来受付機」にて受付をしていただけます。
わかりにくい場合はご遠慮なく窓口でおたずねください。

その他

  • 糖尿病や飛蚊症(ゴミのようなものが見える)、白内障、緑内障等の診察では、瞳孔を開く検査をすることがあります。この検査後はまぶしいため乗り物の運転ができません。お車等を運転してこられないことをおすすめいたします。
  • 他院より、手術の紹介で受診され、当院で手術を受けられるお心づもりの場合、初診の日にすぐ手術ということはありません。検査や診察を行い、医師、看護師、事務からの内容説明があって、後日に手術となります。
  • コンタクトレンズの注文を取り扱っておりますが、量販店等と異なり、即日にお渡しすることはできません。ご注文を受け、できあがりましたらご連絡させていただきます。
  • メガネ処方箋をご希望の方で、コンタクトレンズを使用されている場合は、なるべく数日前からはずされることをおすすめします。最短でも前夜からは必ずはずし、つけずに受診してください。コンタクトをのせることで目の形状は変化しており、はずした直後は元に戻りきっていないため、正確な測定とならない恐れがあるからです。

よくある質問

「バプテスト」ってなんですか?クリスチャンでないとかかれませんか?

バプテストはキリスト教の教派の名前です。バプテストにもさらにいくつかの教派があり、そのうちのひとつ「日本バプテスト連盟」が母体となって「日本バプテスト連盟医療団」が設立されました。当院はその中のひとつの施設でしたが、2016年7月に「医療法人社団聖医会」を独自に設立し、医療団からは分離独立しました。独立後もキリスト教精神に基づいて医療を行う施設ですが、クリスチャンに対して医療を行うのではありません。母体の精神がキリスト教であるだけで、すべての人によりよい医療を提供するのが願いです。

駐車場はありますか?

当院の周囲に8台分の駐車場(無料)を確保しています。場所については当院玄関に地図を表示しています。また、受付にておたずねください。満車となった場合は、関連の日本バプテスト病院駐車場をご利用いただくこともできます(当院より徒歩5分、送迎車も巡回)。
ただし、駐車場は満車のことが多く、また眼科診療の内容によってはお車の運転ができなくなる場合もありますので、できるだけ公共の交通機関をお使いいただくことをおすすめいたします。

初診なんですが、予約できますか? どうしたらいいですか?

初診の方へ」をご参照ください。

10時台の予約と言われましたが、何時に行けばいいですか?

10時台のご予約の場合、11時までにご来院いただくようお願いいたします。

10時台の予約が何人も入っており、同じ10時台の方の中では、先に受付された方が先に診察となります。早めの診察をお望みの場合、もっと早くに来ていただいて受付を済まされることもできますが、9時台の方の診察が終わってから10時台の方になりますので、早く受付してもすぐに診察とはなりません。

また、予約がありながらも、時間が延びて、お待たせすることもしばしば起こっており、ご迷惑をおかけしておりますことをご了承ください。

予約をしていても待たされるのですが、予約の意味はあるのですか?

上の回答でも触れていますが、予約をとられているのに実際の診察が遅くなってしまうことは現実に多々発生しております。

医師によっては多くの患者様の予約が集中する、お一人の診察に長い時間がかかってしまい遅れ遅れになってしまう、などの理由によります。ですが、同じ医師が予約診療のあとに予約なし診療を行いますので、予約がないと待ち時間はさらに長くなります。
予約をとられることをおすすめいたします。

京都駅から行きますが、どうやって行けばいいですか?

京都駅前の京都市バス乗り場(A1乗り場)より5号系統に乗っていただき、「北白川別当町」でお降りください。徒歩3~5分で当院に到着します。市バス5系統は混雑する道を通るため、場合によっては1時間近くかかることもあります。

京阪出町柳駅から行きますが、どうやって行けばいいですか?

出町柳駅4番出口(階段のみ)あるいは7番出口(エレベーター、エスカレーターあり)より地上に出ていただき、市バス停留所「出町柳駅前」(リンクの地図では4番出口のすぐ下に表示されているバス停)から3系統「北白川仕伏町ゆき」にご乗車ください(3系統には「上終町京都造形芸大前ゆき」もあり、こちらは行き先が異なりますのでお乗りにならないでください)。「上池田町」でお降りくださいましたら、道の進行方向、斜め向かいに当院が見えています。

白内障ですが、手術を受けて、入院する必要がありますか?

白内障の手術では、基本的に入院していただく必要はありません。ただし、手術翌日の朝にも必ず診察がありますので、手術当日に帰宅され、翌朝も来院されるのが困難な場合、1泊入院を受け入れております。診療所のため入院病床が少なく、他の重篤な手術の方に入院していただきたいため、白内障手術は可能な限り日帰りにてお受けしています。

高齢者の保険を使っていますが、窓口での支払いに限度額があると聞きました。詳しく知りたいです。

外来と入院とで、それぞれに1ヶ月あたりの限度額が設定されています。この限度額まで支払われたら、その月のうちにまた受診された時に、窓口でのお支払いはありません。(月が変わればまたお支払いが生じます)
1割負担の方の場合、外来で14,000円入院で57,600円(食事代、個室料は除きます)が限度額です。ですから、同じ月に左目の手術、右目の手術と2回の手術を受けられた場合、1回14,000円を超える手術とすると、その日のお支払いは14,000円(もっと高くても、14,000円が限度額のため、それ以上のお支払いはありません)であり、同じ月内の術後の診察、2回目の手術については、お支払いは0(ゼロ)となります。同じ月に2回入院された場合も外来と同じ考え方で、57,600円(食事、個室料を除く)以上のお支払いはありません。ただし、外来と入院とはそれぞれに限度額が設けられているということですので、1回目が外来、2回目が入院で手術を受けられると、どちらもそれぞれの限度額までお支払いが発生します。また、この限度額は1つの月のうちでのことですので、違う月にまたがって2回の外来手術を受けられたら、それぞれに14,000円かかることになります。
3割負担の方の場合、考え方は1割の場合とまったく同じで、限度額の数字が異なります。外来で57,600円入院で80,100円 +(その月の医療費の額によって定まる追加金額)となります。

生命保険のための診断書はいくらかかりますか? 日帰り入院にできませんか?

ご加入の生命保険が、お受けになった手術を保険給付の対象としているか、外来手術でも対象となっているか、をお確かめいただき、対象ということでしたら、保険会社より診断書をお取り寄せください。外来手術の診断書について3,000円+税、入院手術について5,000円+税をいただいています。
また、当院では「日帰り入院」での手術は行っておりません。

お薬だけもらいに行きたいのですが、家族でもいいですか? 待ちますか?

最近に受診されたことがあり、症状がはっきりしている方について、症状の変化がないことを確認させていただき、処方箋をお出しいたします。この場合も、症状の確認、処方内容の確認のため、医師と会っていただく必要があります。医師とのそういったお話をしないでお薬を処方することは、法律上許されておりません。

ご家族による症状の確認は許されております。また、検査や診察を必要とする方と比べ、お待たせする時間については配慮しています。