LASIK(レーシック)とは

LASIKは角膜表層切開とレーザー屈折矯正手術を組合わせた、最新の屈折矯正手術です。
角膜上皮と その下にあるボーマン膜を残すため、術後の痛みが軽減され、視力の回復も早い、理想的な方法として現在最も注目されています。

(1)点眼麻酔をし、目の周りを消毒し、瞼を大きく開ける器具をつけます。

(2)サクションリングで角膜周辺を吸引固定マイクロケラトームという器械で角膜表面を薄く削ります。

(3)フラップ(削った角膜弁)開きます。

(4)エキシマレーザーを照射します。

(5)フラップを元に戻し、接着するのを約3分間待ちます。

(6)もう片眼に移ります。

カスタムレーシック(ウェーブフロントレーシック)

カスタムとはまさに特注!!

表面が通常よりデコボコした形の角膜の方でも矯正可能になりました。今までは6mm径のレーザで角膜を削っていたのですが、フライングスポット照射と呼ばれる1mm・2mm径の照射ができ、細かい部分の矯正が可能になり、手術の適応範囲も広がりました。 検査の結果によってはこちらの方が向いている場合などがありますので、専門医の説明を良くお聞きください。