屈折矯正手術

眼と屈折異常

目のしくみはカメラに似ています。
カメラでいえば、角膜はレンズ、網膜はフィルム、そして水晶体はオートフォーカス機能の役目を持っています。

角膜と水晶体を通過した光はそれぞれで屈折して網膜に届きます。水晶体は遠くを見るときは薄く、近くを見るときは厚く、自由自在に厚みを変えて、網膜上にピントを合わせることができるのです。

しかし、角膜の屈折力が均一でなくなったり、眼球の形が変わってくると、この機能が働かず「屈折異常」になります。

さまざまな屈折異常

  • 正常眼
    角膜と水晶体を通った光はそれぞれ屈折し網膜上でちょうどピントが合うようになっている。

  • 近視
    眼球(目の長さ)が正常の眼球より伸びているため、網膜より手前でピントが合ってしまい、網膜上ではぼやけた像が映ります。

  • 遠視
    正常の眼球より短くなっているため、網膜より後ろでピントが合ってしまい、網膜上ではぼやけた像が映ります。

  • 乱視
    角膜の屈折率が均一でないため、通過した光は網膜上でピントが合わず、2重、3重に見えたりします。