看護部門

看護部門のご紹介

  1. 患者様に安全で満足できる最新の医療・ケアを提供できるよう、全職員がチームワークを大切にしています。

  2. 学会、研修会等の参加を積極的に支援しています。

  3. 京都の北白川に位置し、環境に恵まれ、病室から五山(「大」「妙法」「船形」等)が、一望できます。

  • 手術室:大・小2室

  • リカバリー室:6ベット

  • 総室2室

  • 個室4室

  • 病棟全景

  • スタッフステーション

  • 受付

年間約3,000件の手術があります。手術件数が増加傾向にある中で、安全に安心して手術を受けていただけるよう心がけています。

ベッド数は9床。手術目的の方で、ADLがほぼ自立している方が入院しています(診療所であるため、リスクの高い患者様はバプテスト病院と連携)

日勤は2名の看護師で、夜は1名の夜勤者と1名宿直者が勤務しています。

1日に約200人の患者様がこられます。看護師は、手術を受けられる患者様への術前オリエンテーションや点眼指導、検査介助(採血等)を行っています。日帰り手術が増加する傾向の中で、看護部門の働きはますます重要になってきます。